大牟田高「阿久根市長旗の駅伝」出場取りやめ(読売新聞)

 高校駅伝の伝統校、大牟田高(福岡県大牟田市)が、鹿児島県阿久根市で14日に開かれる「阿久根市長旗九州選抜高等学校駅伝競走大会」への出場を辞退していたことがわかった。

 大会関係者によると、竹原市長が昨年11月以降、障害者の出生を否定するようなブログの書き込みを行ったことや、障害者らへの謝罪を拒否していることを辞退理由に挙げたという。

 大会は1991年に始まり、今回で20回目。大牟田高の大見治夫前監督が大会創設に協力し、同校は第1回から昨年まで19年連続で出場していた。

 阿久根市は1月、大牟田高に出場を依頼したが、2月に文書で辞退が伝えられた。読売新聞の取材に対し、同校は「スケジュール調整や費用の問題」と説明している。大会事務局は「新チームの戦力を占う大会で、大牟田高の活躍を楽しみにしている市民も多い。市長のブログが辞退の原因であれば残念だ」と話している。

会見出席求め仮処分申請=フリー記者「警察庁が妨害」−東京地裁(時事通信)
与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加−文科省(時事通信)
<部落解放同盟>大会が閉会 人権侵害救済法成立求める(毎日新聞)
雑記帳 自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-03-12 00:49


<< 野生ニホンザル、花粉症で受難 ... 高校無償化、除外に反対=都内の... >>