雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)

 経済産業省と消費者庁は15日、電気器具メーカー「ノア」(静岡県清水町)が中国から輸入した雷保護装置から発煙・発火するなどの事故が12件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約152万個について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省によると、家電のプラグとコンセントの間に挟んで使う装置で、落雷による高電圧から家電の被害を防ぐ。09年8月、兵庫県でこの製品の内部部品の劣化で温度上昇を防ぐ機能が働かなくなり、製品が発火する事故があった。ほかにも01年9月以降、製品から煙が出たり焦げるなどの事故が11件あったが、いずれも建物の火災など重大被害は出ていないという。

 対象製品は99年4月から販売されている「雷ガード」(型式NE−222)と「スーパー雷ガード」(型式NE−888)で製品裏側に型式が表示されている。問い合わせは同社(0120・999・566)。

【関連ニュース】
質問なるほドリ:リコール実施されれば、消費者は一安心?=回答・奥山智己
リコール:エクスプローラー1万3729台−−フォード・ジャパン・リミテッド
三洋電機:リコール…コインランドリー用ポンプが発火
リコール:スイス製圧力鍋、中身飛び出てやけど

名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
<癒やしロボ>介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔(毎日新聞)
ハイチで地震、建物倒壊か…日本に津波の影響なし(読売新聞)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-20 01:10


<< 大阪・槙尾川ダム 継続か中止か... 小沢氏進退「なんで?本人じゃな... >>