小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、衆院議員の石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに、平成16年分の政治資金収支報告書を提出する前に、陸山会など関連政治団体の収支一覧表を作成し、小沢氏に内容を説明していたと供述していることが28日、関係者への取材で分かった。この際、小沢氏は「金は足りてるか」などと石川容疑者に聞いていたという。

 小沢氏は、16年10月に土地代金の原資として4億円を陸山会に貸し付けたと主張。土地購入直後にも陸山会の定期預金を担保に融資を受けた4億円を陸山会に貸し付けていた。しかし、16年分の収支報告書に記載された収入額は繰越金を除くと約5億8千万円しかなく、特捜部は小沢氏が虚偽記載に気付いていた疑いがあるとみている。

 一方、元私設秘書の池田光智容疑者(32)は石川容疑者から小沢氏への説明手法を引き継ぎ、19年分の収支報告書について小沢氏に同様の説明をしていたと供述しているという。

 池田容疑者は16年の貸付金分として「19年4月に小沢氏に4億円を返した」と供述しているが、19年分の支出総額は1億円余りしかなく、19年分についても小沢氏が虚偽記載に気付いていた疑いがあるという。

 小沢氏は23日の会見で配布した文書で、石川容疑者らから収支の説明を受けていたことを認めた上で「収支報告書の内容を一つひとつ確認したことはない」と説明していた。

【関連記事】
また銃弾? 小沢氏事務所と官邸に郵送
民主党政治資金チームが会合 企業献金禁止法案の4月提出目指す
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向
小沢氏再聴取は見送りへ、政治的影響を考慮
相続税逃れ? 小沢氏の土地購入「税務上の問題」も浮上

普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
雑記帳 飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
<社民党大会>2ポスト先送り 福島氏に不満(毎日新聞)
<訃報>渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長(毎日新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-31 18:25


<< <茨城男性死亡>3人の「不起訴... <贈呈式>毎日芸術賞、千田是也... >>