<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、衆院議員の石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに、平成16年分の政治資金収支報告書を提出する前に、陸山会など関連政治団体の収支一覧表を作成し、小沢氏に内容を説明していたと供述していることが28日、関係者への取材で分かった。この際、小沢氏は「金は足りてるか」などと石川容疑者に聞いていたという。

 小沢氏は、16年10月に土地代金の原資として4億円を陸山会に貸し付けたと主張。土地購入直後にも陸山会の定期預金を担保に融資を受けた4億円を陸山会に貸し付けていた。しかし、16年分の収支報告書に記載された収入額は繰越金を除くと約5億8千万円しかなく、特捜部は小沢氏が虚偽記載に気付いていた疑いがあるとみている。

 一方、元私設秘書の池田光智容疑者(32)は石川容疑者から小沢氏への説明手法を引き継ぎ、19年分の収支報告書について小沢氏に同様の説明をしていたと供述しているという。

 池田容疑者は16年の貸付金分として「19年4月に小沢氏に4億円を返した」と供述しているが、19年分の支出総額は1億円余りしかなく、19年分についても小沢氏が虚偽記載に気付いていた疑いがあるという。

 小沢氏は23日の会見で配布した文書で、石川容疑者らから収支の説明を受けていたことを認めた上で「収支報告書の内容を一つひとつ確認したことはない」と説明していた。

【関連記事】
また銃弾? 小沢氏事務所と官邸に郵送
民主党政治資金チームが会合 企業献金禁止法案の4月提出目指す
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向
小沢氏再聴取は見送りへ、政治的影響を考慮
相続税逃れ? 小沢氏の土地購入「税務上の問題」も浮上

普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
雑記帳 飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
<社民党大会>2ポスト先送り 福島氏に不満(毎日新聞)
<訃報>渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長(毎日新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-31 18:25

<贈呈式>毎日芸術賞、千田是也賞、毎日書評賞の受賞者祝福(毎日新聞)

 第51回毎日芸術賞、第12回千田是也賞、第8回毎日書評賞の贈呈式が26日、東京プリンスホテルで開かれ、計8人の受賞者が関係者に祝福された。

 毎日芸術賞は女優の鳳蘭さん(ミュージカル「COCO(ココ)」「雨の夏、三十人のジュリエットが還(かえ)ってきた」の演技)▽建築家の隈研吾さん(根津美術館の設計)▽書家の關(せき)正人さん(第9回扶桑印社展 特別展示=東京セントラル美術館、刻印集刊行)▽作家の辻原登さん(「許されざる者」=毎日新聞社刊)▽ピアニストの遠山慶子さん(モーツァルトのバイオリンソナタ選曲集)の5人。特別賞は俳人の金子兜太(とうた)さん(句集「日常」=ふらんす堂刊=に至る長年の業績)。

 千田是也賞は演出家の山田和也さん(「シラノ」「ラ・カージュ・オ・フォール」の演出)。

 毎日書評賞は精神科医で武蔵野大教授の小西聖子(たかこ)さんの「ココロ医者、ホンを診る−−本のカルテ10年分から」(武蔵野大学出版会)に贈られた。

 朝比奈豊・毎日新聞社社長が賞状や賞金を贈り、鳳さんが「受賞で宝塚退団以来の人生のピークを迎えられました」とあいさつ。隈さんは「関係者の皆さんと一心同体で作った建築が芸術賞を受けてうれしい」と語った。遠山さんの知人でノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊さんもお祝いに駆けつけた。【鈴木英生】

【関連ニュース】
暴行容疑:毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る
新聞労連:毎日新聞の視覚障害者擁護の報道が優秀賞に
長妻厚労相:「貧困などでの損失」数字で 毎日新聞取材に
毎日新聞:編集綱領制定記念のつどい…東京
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で

<雑記帳>受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)
<和牛商法>「ふるさと牧場」社長に懲役12年 東京地裁(毎日新聞)
元国税査察官を停職処分=女子中生にわいせつ行為−東京国税局(時事通信)
3歳児低酸素脳症は医師の責任 津地裁が賠償命令(産経新聞)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-30 03:15

統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月28日の参院予算委員会で、統合医療に関するプロジェクトチーム(PT)を省内に設置する意向を示した。山根隆治氏(民主)の質問に答えた。

 長妻厚労相は、統合医療にかかわる省内の部署が複数に分かれているとして、「統合医療のPTをつくって、一本にまとめていくということで検討していく」と表明。その上で、「(来年度は)統合医療の研究に10億円以上の予算を計上し、その効果も含めた研究に取り組みたい」と述べた。
 さらに、「漢方、鍼灸の一部は保険医療になっているが、それ以外について具体的な効果を科学的に検証する」と述べ、特に漢方に手厚い予算を付ける考えを示した。また、研究費用を研究機関に交付し、「各種研究機関のこれまでの蓄積を整理して一元的に調べ、有効性を検証していきたい」と述べた。
 長妻厚労相は、中国との協調によって統合医療の分野を伸ばす方策の有無についても「議論の余地がある」と語った。

 民主党の「政策集インデックス2009医療政策(詳細版)」には、「統合医療の確立ならびに推進」が掲げられている。

■薬販売の在り方、「継続的に議論」
 長妻厚労相はまた、昨年6月に施行された改正薬事法で、郵便などによる一般用医薬品の販売が規制されたことについて、「(離島居住者などに対して)2年間は猶予期間だが、根本的な今の法施行について意見があるのは承知している」と述べた上で、「今後も販売の在り方については継続的に議論する」との意向を示した。弘友和夫氏(公明)に対する答弁。


【関連記事】
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目
一般用医薬品販売が劇的に変化―2009年重大ニュース(6)「改正薬事法」
診療報酬引き上げや介護労働者の待遇改善など要望―与党3党
医師の約8割、漢方薬の保険対象外に「反対」
先発品の薬価引き下げ幅は明示せず―事業仕分け

<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)
<参院>首相、従来主張繰り返し 「政治とカネ」追及に(毎日新聞)
小沢氏の信託銀行口座から3億円…98年頃(読売新聞)
成人式 男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-28 21:07

<1票の格差>昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)

 「1票の格差」が最大2.3倍となった09年8月30日投開票の衆院選は、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、広島市中区の有権者の男性が広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡裁判長は「選挙全体が2.3倍の格差で行われた違憲選挙であり、この格差は憲法の基本理念から容認できない。その中であった広島1区も違法」と指摘したうえで、選挙無効とすれば公共の福祉に反するとして選挙自体は有効とし、請求を棄却した。

 8月の衆院選小選挙区の「1票の格差」をめぐる訴訟では、09年12月の大阪高裁判決に続く違憲判断。同衆院選小選挙区の1選挙区当たりの有権者数は、最小の高知3区と最大の千葉4区との間に2.3倍、広島1区とは1.47倍の格差があった。東京の弁護士グループらが全国8高裁・支部に提訴していた。

 衆院選挙区画定審議会設置法(94年2月施行)によると、小選挙区の区割りは、定数300のうち47を各都道府県に一つずつ割り当て、残りを人口比で振り分ける「1人別枠方式」を採用。最大選挙区の人口が最少区の2倍以上にならないことが基本とされる。02年8月の定数是正で2倍以上の選挙区は95から9に減ったが、今回は45に増えた。

 広田裁判長は「投票価値の平等は憲法の基本理念で、国会が定めた具体的仕組みがこの憲法理念に反するため是認できない場合は違憲、違法となる」と判断。さらに、「1人別枠方式は08年の選挙の前に合理性、正当性を失っていた。国会が格差の是正を行ってきたことから、広島1区の選挙は違法である」と国会の責任を強く指摘した。

 公職選挙法により、国政選挙の無効確認訴訟の1審は高裁で行われる。最高裁判例は、衆院選で格差が3倍を超えた場合、違憲か違憲状態と指摘しており、最大2.17倍だった05年衆院選について最高裁は07年6月、「合憲」と判断していた。【寺岡俊】

【関連ニュース】
1票の格差:双方とも上告 「違憲判断」大阪高裁判決で
8月衆院選:1票の格差「違憲状態解消すべきだ」官房長官
8月衆院選:違憲判決に原告側「歴史的、すさまじい」
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁
1票の格差:4.986倍 前年より拡大

「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料(読売新聞)
菅家さんに年金受給資格、通知書受け取る(読売新聞)
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-27 10:55

日航と全日空、国際線統合も=3年以内に見極め−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は19日夜、日本テレビの番組に出演し、企業再生支援機構が日本航空の支援にかかわる最長3年の間に、日航と全日本空輸の国際線統合が必要かどうか見極める必要があるとの考えを示した。同相は夕方の会見で、大手航空会社2社体制の見直しに言及していた。一方、国内線統合は独占禁止法に触れる恐れがあり、検討対象にならないとの見通しも明らかにした。
 前原国交相は番組出演後、記者団に対し「大手2社体制は継続するかもしれないが、そうでない場合に(国際線統合は)一つの選択肢だと申し上げた」と説明。外資による日航買収をしやすくするため外資規制を見直すことについては、「慎重に考えるべきだ」と否定的な姿勢を示した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<普天間移設>平野官房長官「5月は政府起案の期限」(毎日新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で−兵庫(時事通信)
鳩山首相「きずなが最大の復興理由」=阪神大震災(時事通信)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-26 01:07

鳩山首相 「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員に関し「起訴されないことを望みたい」とした自らの発言について、「(捜査介入との)誤解を与えてしまうのならば撤回を申し上げたい」と述べ、発言を撤回した。茂木敏充氏(自民)の質問に答えた。

 首相は発言の真意について「無実が証明されればよいという思いで言った。捜査に介入する意図は毛頭持っていない」と説明した。これに先立ち首相は首相公邸前で記者団にも「捜査に対して介入するつもり、意思は全くないし、捜査の行方を冷静に見守ることが大事だ」と釈明した。

 首相は21日夜、石川議員が起訴された場合の党としての対応を記者団に問われ、「起訴されないことを望みたい」と述べ、検察に対して不起訴や起訴猶予を求めたと受けとられかねない発言をした。【野原大輔】

【関連ニュース】
鳩山首相:「石川議員が起訴されないことを望む」
衆院予算委:首相、議員生命懸ける 自民、詰め甘く
普天間移設:鳩山首相5月決着を強調 官房長官は6月以降
鳩山首相:23日、地方視察へ 原則、毎週末実施
鳩山首相:小沢幹事長自身での潔白証明に期待

<ハイチ大地震>緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
海自のインド洋給油終了、部隊は帰国の途に(読売新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-25 00:43

インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向−感染研(時事通信)

 11日から17日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり8.13人で、前週(9.18)からさらに減少したことが22日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。昨年12月から減少が続いており、7週連続の減となった。
 大人の患者が減った一方、子供は増加傾向という。安井良則主任研究官は「流行を引っ張るのは子供なので今後に要注意」としている。
 1週間の推計患者数は約48万人で、夏以降の累積は推計約1923万人。ほとんどが新型とみられる。 

<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
<CO中毒事故>パロマ元社長ら無罪主張し結審(毎日新聞)
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?(産経新聞)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-23 13:32

<脅迫容疑>交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪(毎日新聞)

 携帯電話のゲームサイトで知り合った中学3年の女子生徒(15)=大阪府阪南市=に交際を迫る脅迫文を送ったとして、大阪府警は21日、大阪市城東区今福東3、龍谷大3年、亀山祐輔容疑者(22)を脅迫容疑で逮捕した。昨年12月28日、女子生徒の自宅アパートが全焼する放火事件もあり、府警は関連を調べている。

 逮捕容疑は、昨年9月7日ごろ、女子生徒の自宅アパート前に止めていた自転車の前かごに、「この手紙のこと、誰かに言ったらお前の家族と友達を殺す」などと書いた手紙を置いた、としている。捜査1課によると「もう一度会いたかった」と容疑を認めている。

 同課によると、亀山容疑者は07年8月ごろ、女子生徒と知り合い、数回会った。その後関係が途絶えていたが、昨年春ごろから再度、女子生徒に会うことを要求していた。【花牟礼紀仁】

【関連ニュース】
書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警
恐喝容疑:書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
暴力団:山口組が京都で勢力拡大 弘道会が中心的役割
わいせつ教諭:女子生徒100人を撮影 兵庫県警が逮捕

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
<日弁連会長選>宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票(毎日新聞)
批判の中、民主執行部「小沢体制」崩さず(読売新聞)
医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-22 19:18

郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川(産経新聞)

 18日午前10時ごろ、東京都江戸川区中葛西の「江戸川中葛西一郵便局」に男が侵入、中にいた女性局員(44)らに刃物のようなものを突きつけて脅し、現金約500万円を奪って逃走した。警視庁葛西署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は50歳ぐらいで身長160センチぐらい。緑色のジャンパーに白いズボン姿で、目出し帽をかぶり白いマスクをしていたという。

【関連記事】
女性客に水かけ「燃やすぞ」 郵便局強盗で男を再逮捕
強盗未遂容疑で無職の男を再逮捕 香川県警
「金を出せ」メモで脅す 東京・江戸川で郵便局強盗
郵便局に強盗 容疑で男逮捕 京都・長岡京
京都の郵便局強盗 遺留物と逮捕男のDNA型一致

<新型インフル>「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認(毎日新聞)
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<雑記帳>「嫁入り舟」の花嫁と花婿を公募 千葉・浦安(毎日新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
「全面的に闘っていきたい」民主党大会で小沢氏(読売新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-21 22:03

大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)

 ■地元動揺「ここまで進んでいるのに…」

 継続か中止、縮小か−。大阪府が和泉市で進めている槙尾川ダム事業をめぐり、橋下徹知事が悩んでいる。平成22年度予算案の編成作業が本格化する中、事業の見直しで少しでも予算を確保したいが、地元住民の安全も無視できない。国土交通省によると、事業を中止すれば、本体工事に着手したダム事業としては全国初となる。橋下知事は19日、改めて予算編成に間に合うように結論を出す意向を示したが、長年ダムを待ち望んできた地元住民の間には動揺が広がっている。

 「ここまで現場は進んでいるのに、やめる理由なんてありますか」

 轟音(ごうおん)をたてて重機が稼働する槙尾川ダムの本体工事現場。大畑など地元3地区の住民有志約30人でつくる「槙尾川ダム対策委員会」の坂口陸夫委員長(78)は、ダム建設の必要性を訴えた。

 坂口さんの先祖は代々、現場下流の大畑地区でミカンを栽培。いまは自宅隣で縫製工場も営んでいる。

 昭和57年の台風10号では槙尾川があふれ、地区のミカン畑や水田が冠水。流木にも覆われた。翌58年、大畑地区の会長に選ばれると、さっそく大阪府に治水対策を要望。この交渉過程でダム構想が浮上した。

 「槙尾川は戦後、何度も氾濫(はんらん)してきた。近年はゲリラ豪雨などで危険度も増している。洪水時に水をためる治水ダムがあれば、地元住民も安心できる」

 住民有志に呼びかけて槙尾川ダム対策委員会を結成し、住民への協力要請や用地買収の説得にあたった。地元の熱意に後押しされ、府も平成3年、ダムの実施計画調査を始めた。

 7年夏の大雨では、建設予定地の下流で槙尾川があふれ、周辺の約100軒が浸水した。「まるでダムの必要性を実証するような大雨被害でした」

 20年2月に就任した橋下知事も、就任直後に現地を視察。ダムの必要性を訴える坂口さんの説明に、大きくうなずいたという。府はダム事業などの予算執行を一時見合わせたが、橋下知事は「必要性は認めている」と発言。府は21年5月、本体工事に着手した。

 坂口さんが「雲行きが怪しい」と感じ始めたのは、政権交代が起きた直後の21年10月。国政レベルでダム事業の大幅見直しが進む中、橋下知事もダム事業全般について「精査したい」などと発言し始めた。そして同12月、知事はダム事業全般を再検証するための有識者会議を設置し、具体的な再検証対象として槙尾川ダムを挙げた。

 同会議では、槙尾川ダム事業の是非について専門家の間でも意見が分かれ、最終的な判断は橋下知事に委ねられた。

 「大阪府南部は、人口の多い北部に比べてダム建設が後回しにされてきた。私たちも同じ税金を払い続けてきたのに、今さら中止されては不平等だ」。坂口さんは願うように訴える。「今は橋下知事の判断を信じるだけです」

                   ◇

【用語解説】槙尾川ダム

 大阪府が平成3年、和泉市の大津川水系・槙尾川で実施計画調査に着手した重力式コンクリートダムで、ダム高43メートル、総貯水量140万立方メートル。ダム単体の総事業費は128億円で、半分を国が助成する。用地買収の95%、府道付け替え事業の53%が完了しており、21年5月に本体工事に着手。27年度の完成を目指している。

【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)
<オーストリア大宮殿展>入場者が20万人突破(毎日新聞)
政教分離 「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
阪神大震災追悼式典に雅子さまご出席(産経新聞)
小沢氏側を強制捜査 聴取応じず、虚偽説明… 狙いは「裏献金」解明(産経新聞)
[PR]
by keqbklmdi4 | 2010-01-21 04:21